わんにゃコラム

紫外線も原因に・・・?犬と猫の白内障とは


わんにゃ365編集部

いいね 4

紫外線も原因に・・・?犬と猫の白内障とは

こんにちは、わんにゃ365編集部、愛玩動物飼養管理士の辻本純子です!
今日から始まる連休は、どのように過ごされますか?

わんちゃんとお外で過ごされたり、ねこちゃんと日向ぼっこの時間も多くなるのではないでしょうか。
ですが、「紫外線」の量が多くなる季節。
紫外線はわんちゃん、ねこちゃんの皮膚や瞳にダメージをあたえることも・・・。 

さらに、白内障など病気を引き起こす原因となることもあります。
これは人間も、動物も同じですね。
だからこそ、日ごろからの紫外線対策をぜひしてあげて欲しいです。 

白内障になるとどんな症状がでるの???

さて、目の病気としてあげた「白内障」ですが、人にとっても犬にとっても、歳をとったら誰でもなりえる病気ですよね。
白内障になると、以下の症状が現れます。

・目が白くなる

・物にぶつかることが増える

・飼い主さまと目が合わなくなる

・階段や段差を怖がり、動きたがらない

・見えないストレスで攻撃的になる

・表情が乏しくなる

わんちゃん、ねこちゃんの皮膚や瞳にダメージ?!
出典:https://www.shutterstock.com/

白内障を完治させるには、白く濁った水晶体を取り除き、
人工の眼内レンズを目に入れる手術が必要です。
手術が必要になる前に、しっかりとケアしたいですよね。 

最近、わんちゃんが帽子をかぶっているのをよく見かけます。
可愛いし紫外線対策にもいいなあと思います!
そして、内側からの予防にはサプリメントもおすすめです♪

大切なわんちゃん、ねこちゃんの瞳を守りましょう。

Sponsored by わかさ生活

この記事に付けられているタグ

いいね 4