わんにゃコラム

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜

ライター
岡野ぴんこ

いいね 11

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜

いつもと違うわんにゃの表情や仕草が撮りたい! 今回もそんな願いを叶えるべく、ペット専門の写真家“ペトグラファー”である、アニマルラグーンの小川晃代先生にレクチャーいただきます!

今回は“わんちゃん編”です。アクティブな動きや無邪気さが可愛いわんちゃん。動きが激しいからこそ一瞬の可愛い表情を逃さないために、いくつかのポイントがあります。今回も3つのポイントに絞ってご紹介します!

 

◼︎ポイント1:「舌ペロ!ショット」はおやつお預けスタイルで

数あるわんちゃんの表情の中でも、誰もがつい「可愛い〜!!」ととろけてしまうような舌をペロっと出した瞬間、“舌ペロ!ショット”を狙っていきます。

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:わんにゃ365

ペロリの瞬間の引き出し方がポイント。用意するのはわんちゃんが好きなおやつ。小さめのものがおすすめです。

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:わんにゃ365

お座りの状態で、これを手に持ち鼻の先に近づけます。“待て”の状態からパクっと食べる瞬間に、スっとお菓子を鼻先から遠ざけると……舌が物欲しそうにペロリ!

すかさず連写! これを繰り返します。もちろん「わーん! 食べさせてよ〜」となってくるので、適度なところでご褒美をあげてくださいね。

ポイントは、おやつを鼻先から遠ざける時にわんちゃんはおやつを目で追うので、少し上に向かって手を遠ざけること。そうすると、舌ペロ!と同時に、こっちを向いた目線を収めることができます。

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:アニマルラグーン

何度もおやつをお預けされちゃうので、可愛い写真が撮れたらたっぷりご褒美をあげましょう。うまくいくと、キュートな表情がバッチリ撮れます。
                    

◼︎ポイント2:「線の交差点」で物語を作る!

続いてはわんちゃんが一人旅をしているような、物語を感じられる写真を撮るポイントです。ちょっとセンチメンタルでおしゃれな“旅フォト”のようなショットが撮れるのです。

必要なのは、スマホカメラの画面上のグリッド線。普段使っていない人はスマホの設定で表示することができますよ。グリッド線を出すと……。

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:わんにゃ365

このように、画面の中央に線と線が交わる“交差点ポイント”が4つできます。

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:アニマルラグーン

その交差点の上にわんちゃんが乗るように画角を決めて撮ります。

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:アニマルラグーン

そして、わんちゃんが見ている方向の空間をあけることで、物語のある雰囲気の写真が撮れるのです。

つい寄ってしまったり、真ん中にわんちゃんをもってきたりしたくなりますが、そこをあえて空間のある構図にすることで、ワンランク上の写真が撮れますよ。

 

◼︎ポイント3:「下アングル」で躍動感あふれる無邪気顔をGET!

わんちゃんといえば、砂を舞い上げて耳をなびかせ走る姿……撮りたいですよね。そんな時のポイントは「とにかく下の下、地面ギリギリから狙うこと!」と小川先生。

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:アニマルラグーン

まずはカメラの構え方が大事。普段はローアングルから狙うとなるとこんな感じですが、

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:アニマルラグーン

これをさらに下からのアングルにするために、スマホを逆さにしてこのように構えます。

あとはわんちゃんの大好きなおやつを持つ、もしくはわんちゃんが大好きなあなた自身が大きな声で名前を呼んで、こちらに思いっきり走らせてあげましょう。もちろんカメラは連写で。

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:アニマルラグーン

先生が撮ったOK写真がこちら。

3つのポイントで劇的変化! カメラマンに教わる「犬の撮り方」〜レクチャー編〜
出典:アニマルラグーン

すごい! 勢いと可愛さが同時に伝わってくる素敵写真です。下から狙っているから空が大きく写って、ちょっと空を飛んでるような感じもする浮遊感があります。

 

いかがでしたか?

さぁ、次の記事でまたまた素人の筆者が先生のポイントを踏まえて撮影に挑戦! ねこちゃんよりアクティブなわんちゃん……うまくいくのでしょうか。乞うご期待!

 

<今回教えてくれた先生>

小川晃代(おがわあきよ)

トリマー・ドッグトレーナー資格を持つペトグラファーの第一人者で、今までに撮影した頭数は3万匹以上に及ぶ。写真教室やスマホの撮り方講座の講師をはじめ、ペット雑誌の編集長やペット番組のディレクター、ペットモデルのコーディネート等その活動は幅広い。

著書には「ねこきゅう」(東京書店)、「ころころマンチカン」「いぬのココロがわかる本」「ねこのココロがわかる本」(ぶんか社)、「手乗りねこ」(「ねこもふ。ごーじゃす」(宝島社)、「ペトグラファーが教える ペットの可愛い撮り方」「ねこの撮り方まとめました!」(日本カメラ社)、「こいぬ」「こねこ」(ポプラ社)他がある。

HP:http://www.animal-lagoon.com

wannyasoudan2.jpg

【関連記事】

”エンタメ記事”をもっと読む

【オススメ記事】

※ 3つのポイントで劇的変化!カメラマンに教わる「猫の撮り方」〜レクチャー編〜

※ 3つのポイントで劇的変化!カメラマンに教わる「猫の撮り方」~実践編〜

※ 子犬にワクチンはいつ接種する?種類は?獣医師がワクチンの疑問を徹底解説

【画像】

※ アニマルラグーン

この記事に付けられているタグ

いいね 11