わんにゃコラム

うちの子のテレビ出演も夢じゃない!? タレント犬の事務所に直接取材~第1弾~

ライター
ウエマツ・シン

いいね 4

うちの子のテレビ出演も夢じゃない!? タレント犬の事務所に直接取材~第1弾~

テレビドラマやCM、映画などにわんちゃんが出演しているのを、みなさんも一度は目にしたことがありますよね。テレビにわんちゃんが映ると反射的にデレっとしてしまう筆者ですが、特に我が家の愛犬と同じ犬種の柴犬だとデレ度が倍増します。

そんな時、筆者は「うちの愛犬も負けず劣らず可愛いのになぁ」と思ってしまうのですが、可愛い愛犬を「タレント犬に挑戦させたい!」と思ったことのある飼い主さん、実は多いのではないでしょうか?

では、実際にどうやったら愛犬をタレント犬にできるのでしょうか。ということで、今回はタレント犬事務所『M.Dogs(エムドックス)』の社長・山口さんに“愛犬をタレント犬にする方法”について伺いました。

 

■そもそも「タレント犬」って?

うちの子がテレビ出演のも夢じゃない!? タレント犬の事務所に直接取材~第1弾~
出典:M.Dogs

ではまず“タレント犬”は、実際にどんな仕事をしているのでしょうか? タレント犬とは文字通り、テレビなどメディアに出演するわんちゃんのこと。

そして、そのたくさんのタレント犬を束ねるタレント犬事務所が、クライアント企業さんからの依頼に応え、依頼にピッタリのわんちゃんを選定し、わんちゃんの飼い主さんにオファーします。そのオファーを受け、わんちゃんと飼い主さんで撮影に参加する、というのが仕事を受ける主な流れです。

山口さんによると、マルチメディアの時代になり様々なメディアが増えると同時に、撮影の頻度も増え、タレント犬の需要は高まっているそうです。CMの撮影が一番多いそう。

わんちゃんがCMやドラマに登場するだけで視聴者の目に留まり、好感を持たれやすくなることは広告業界での常識となっています。クライアントもわんちゃんを起用することが増えているそうですよ。

 

■タレント犬になるにはどうしたらいいの?

それでは、タレント犬になるにはどうしたらいいのでしょうか? 基本的には以下のような流れです。

オーディション⇒合否結果⇒タレント犬事務所と契約⇒依頼を事務所から受ける⇒出演

うちの子がテレビ出演のも夢じゃない!? タレント犬の事務所に直接取材~第1弾~
出典:M.Dogs

そして、オーディションでチェックするのは主に下記の3つです。

(1)わんちゃんに「攻撃性」があるかどうか

撮影現場には、タレントさんやスタッフさんがたくさんいるので、万が一噛み付いたら大問題になってしまいます。それを防ぐためにも、オーディションでは“攻撃性”をチェックするそうです。

(2)わんちゃんが「フレンドリー」であること

わんちゃんが“フレンドリー”であることは、タレント犬になる要素として最も重要なことです。事務所のスタッフさんが実際にわんちゃんとふれあい判断します。

(3)飼い主さんも審査対象

オーディションでは、飼い主さんが撮影現場で挨拶や常識的な振る舞いができるか、きちんとチェックしているそうです。

 

■お仕事をもらうには?

うちの子がテレビ出演のも夢じゃない!? タレント犬の事務所に直接取材~第1弾~
出典:https://www.shutterstock.com/

事務所への所属が決まれば、次に目指すのはメディアでの起用ですよね。お仕事をいっぱいもらって、業界で活躍するにはどうすればよいのでしょうか? それは下記の2つです。

(1)事務所のスタッフさんとコミュニケーションをとること

(2)飼い主さん自身もやる気を持つこと

「能動的にこういうことをわんちゃんにさせていきたい」という気持ちで、どんなことでも気軽に相談してきてくれる飼い主さんとわんちゃんは、それだけたくさん仕事を依頼しやすいそうです。

目標を持つことでわんちゃんのしつけもしっかりと行い、色々なことを覚えてくると、それだけわんちゃんの仕事の幅も広がりますよね。

それに加え、現場に出ることが多いわんちゃんほど、どんどん賢く良い子になっていき、より多くの企業からオファーをもらえるようになります。飼い主さんがわんちゃんと二人三脚で頑張ろうと思えることが重要なんですね。

 

■飼い主もわんちゃんも幸せに!

うちの子がテレビ出演のも夢じゃない!? タレント犬の事務所に直接取材~第1弾~
出典:https://www.shutterstock.com/

今回筆者は、山口さんからお話を聞いていて、愛犬をタレント犬にすることで、たくさん良いことがあるんだなと思いました。「自分のわんちゃんが少しでも多くの人に愛される」ことはもちろんですが、例えばわんちゃん自身の情操教育にもなります。広い視野で見ると“わんちゃんの社会的地位向上“という社会貢献にもつながります。

飼い主さんにとっても、わんちゃんと同じ目的を持つことで、協力しながら関係性を良好にしていける。そして、CMやドラマなど“形に残るもの”ができるので、わんちゃんとの思い出作りにもなります。

山口さん自身も、飼い主さんとわんちゃんのそういった幸せの機会を増やしていくために、日々たくさんの企業とコミュニーションをとり、日々提案力を磨いているそうです。日々のプレッシャーの中、努力している山口さんのひたむきな姿勢が大変印象的でした。

 

いかがですか?

タレント犬に興味が沸いたら、早速挑戦してみてください。わんちゃんと共通の趣味を持って、わんちゃんライフがもっと楽しくなるかもしれませんよ。

次回は、実際にオーディションの様子をたっぷりとお届けします。ぜひこちらもご覧くださいね!

【関連記事】

※ わんちゃんのオーディションに密着!タレント犬の事務所に直接取材~第2弾~

”エンタメ記事”をもっと読む

【オススメ記事】

※ 犬って寒くないの?知っておきたい「体温メカニズム」と寒さ対策について

※ 尾追い行動に注意!柴犬の飼い主が知っておきたいケガ・病気3選

※ 食事中に手を出しちゃダメ?「ごはんの時間が楽しくなる」犬のしつけ方

【取材協力】

M.Dogs

【画像】

※ M.Dogs

※ Javier Brosch, MitchyPQ / Shutterstock

この記事に付けられているタグ

いいね 4