初めてのわんにゃ

犬がいる家庭に行くときどうする?気をつけたい「基本の対応」について解説

獣医師
久保聡

いいね 3

犬がいる家庭に行くときどうする?気をつけたい「基本の対応」について解説

最近、わんちゃんと暮らしている家庭が増えていますよね。それに伴い、わんちゃんと暮らしていない方でも、わんちゃんと触れ合う機会が多いのではないでしょうか?

触れ合うわんちゃんがみんな友好的というわけではないですし、みんな健康というわけでもありません。その子の性格や、病気の状態などによって接し方に注意しなければなりません。

今回は、わんちゃんと触れ合う際に気をつけておきたいことについて解説していきたいと思います。

■どんなわんちゃんでも突然のことにはびっくりする

犬がいる家庭に行くときどうする?気をつけたい「基本の対応」について解説
出典:https://www.shutterstock.com/

人もそうですが、驚いた時にとっさに出る行動は頭で考えている行動ではないので、予期せぬ動きになります。そして、それはわんちゃんも同じです。

例えば、どんなにおとなしく慣れたわんちゃんでも、顔の前にいきなり手を出すと突然の出来事にびっくりして、時には噛んでしまうこともあります。

知り合いのわんちゃんでもその子と触れ合いたいのであれば、まず飼い主さんに了解を得てから声かけをして、接するようにしましょう。

■身につけている装飾品や小物に注意

犬がいる家庭に行くときどうする?気をつけたい「基本の対応」について解説
出典:https://www.shutterstock.com/

わんちゃんの性格にもよりますが、時にわんちゃんは食べ物ではないものを口にして、飲んでしまうことがあります。遊んでいるだけなのに間違って飲んでしまうこともあれば、お気に入りのものを誰かに取られそうになり、阻止するために飲み込んでしまう子もいます。

わんちゃんが近くにいるときは、身につけているものや鞄などについている装飾品に注意しましょう。

■おやつをあげるときはまず確認を

犬がいる家庭に行くときどうする?気をつけたい「基本の対応」について解説
出典:https://www.shutterstock.com/

わんちゃんとの触れ合うなかで楽しみなのが、ご褒美(おやつなど)をあげることではないでしょうか。ご褒美をあげると喜んでくれるし、べったりよってきてもくれるので嬉しいですよね。

しかし、ご褒美としてあげる食べ物にも注意が必要です。わんちゃんは、人が食べて問題ないものでも中毒を起こしてしまうものがあります。例えばネキ類やぶどう、チョコレートやお菓子の甘味料として使われているキシリトールなど。

また、病気のために食事が制限されている子もいます。例えば、牛肉アレルギーの子なら、健康なわんちゃんが食べても問題ないジャーキーなどで病状が悪化することがあります。

また、それぞれの家庭でしつけ方法に違いがあるため、ご褒美のあげ方にも気をつける必要があるかもしれません。ご褒美をあげるときは、飼い主さんに確認を取ってから与えるようにしましょう。

■大切なものはわんちゃんの見えない所に

犬がいる家庭に行くときどうする?気をつけたい「基本の対応」について解説
出典:https://www.shutterstock.com/

わんちゃんは目の前にあるものを、何でもおもちゃにしてしまうことがあります。勿論、わんちゃんに悪気はないと思います。

わんちゃんにいたずらされて困るものは、わんちゃんの届かないところか目につかない所に置くなどして、持ち主が気をつけましょう。

■わんちゃん同士の接触も注意が必要

犬がいる家庭に行くときどうする?気をつけたい「基本の対応」について解説
出典:https://www.shutterstock.com/

わんちゃん同士でも相性があります。日頃大人しい子でも相性が悪かったり、体調、初対面時の印象やタイミングが悪かったりすると、喧嘩になることがあります。

また、仲良く遊んでいても、途中から興奮してきて喧嘩になってしまうこともあります。わんちゃん同士で遊ばせるときも、完全に目を離さず気にかけましょう。

■愛犬を連れて遊びに行く時はマナーを忘れずに

犬がいる家庭に行くときどうする?気をつけたい「基本の対応」について解説
出典:https://www.shutterstock.com/

遊びに行く先の家にわんちゃんがいる、いないに関わらず、愛犬を連れて遊びに行く際には、最低限のマナーとして1年以内の狂犬病ワクチン、混合ワクチン接種と、1ヶ月に1回のノミダニ予防(予防薬によっては3ヶ月に1回など)をしましょう。

できたら定期的な健康診断をして、お腹の中に寄生虫がいないかなどもチェック、もしくは定期駆虫をしてもらうようにしましょう。

■わんちゃんと触れ合う時は自分の体調にも注意が必要

犬がいる家庭に行くときどうする?気をつけたい「基本の対応」について解説
出典:https://www.shutterstock.com/

わんちゃんと接触することで、皮膚のかゆみやくしゃみが出ることがあります。今までそのような症状が出たことがない人でも、体調がすぐれないときは注意しましょう。

万が一体調に異常が認められた場合には、すぐに対応するようにしましょう。

わんちゃんを触れ合う時間はとても楽しいですよね。遊びに来た友達などが、愛犬と楽しそうに過ごしてくれるのも嬉しいものです。

このように素敵なひと時を過ごすためにも、最低限のマナーと気遣いを忘れないようにしましょうね。

kiji_wannyasoudan_2.png

【関連記事】

これだけは知っておきたい!犬の「免疫」の基本と免疫系の疾患について

日常の音や声、犬にはどう聞こえる?「耳の仕組み」に関するあれこれ

※ セルフチェックで見つかることも!犬の死因の多くを占める病気とは?

日常の音や声、犬にはどう聞こえる?「耳の仕組み」に関するあれこれ

【画像】

※ Milka_Z, Megan Betteridge, Floral Deco, alexei_tm, Maciej Kopaniecki, Ksenia Raykova, rustycanuck, violetblue / Shutterstock

この記事に付けられているタグ

いいね 3