わんにゃとの暮らし

「降りられにゃい!」猫が高所から降りられなくなった場合の対処法と家庭での対策

牧口香絵

獣医師
牧口香絵

いいね 0

「降りられにゃい!」猫が高所から降りられなくなった場合の対処法と家庭での対策

ねこちゃんは高いところに登るのが大好き! 以前、建築士さんが愛猫のために建てたご自宅に仕事でお伺いしたことがあります。光の入る高い天井の間取りはもちろんのこと、壁にはところどころにねこちゃんが垂直面を移動できるようなでっぱりがたくさん設けられていました。

ねこちゃんは本能として高いところを好む動物と言われています。しかし、登ってほしくないところに登ってしまったり、最悪のケース、自ら降りてこられない事態が起きてしまうことも考えられます。

そんな高いところを好むねこちゃんの習性や、登って降りてこられなくなってしまったねこちゃんへの対応について考えてみましょう。

■猫はなぜ高いところに登るの?

「降りられにゃい!」猫が高所から降りられなくなった場合の対処法と家庭での対策
出典:https://www.shutterstock.com/

ねこちゃんが高いところを好むのは、さまざまな理由が考えられます。

単独行動をする動物だから

ねこちゃんは、男の子も女の子も縄張りを持って単独で暮らしています(この縄張りの境界線は、栄養条件が満たされれば曖昧になります)。したがって、縄張りの安全性を確かめるために、高いところが最適な場所になるのです。

ハンティングをするとき視野が広くなるから

ねこちゃんは、食べ物をひとりでハンティングする習性があります。高いところは見渡すことができ、かつ食べものになる小動物の動きを把握できるので、ねこちゃんにとって最適な場所といえます。

身の安全を守るため敵から離れたところに逃げるから

高いところに登ることにより、身の安全の確保が容易にできるようになります。わんちゃんとねこちゃんを一緒に飼っているご家庭ではよく見る光景かと思いますが、ねこちゃんがわんちゃんにしつこくされたり、追い回された際には、ねこちゃんはわんちゃんが登れない高いところに逃げます。屋外では、苦手な動物に追われ逃げた際に木などの高いところに登り、時には降りられなくなってしまうケースもあります。

 

■家庭内で登ってほしくないところに登らせない方法は?

「降りられにゃい!」猫が高所から降りられなくなった場合の対処法と家庭での対策
出典:https://www.shutterstock.com/

ねこちゃんが高いところを登ることが大好きなことは分かっていても、危険な場所や飼い主さんの都合上どうしても登って欲しくない場所があると思います。

では、ねこちゃんに登らせない方法はどのような対策があるでしょうか?

キャットタワーの活用

ねこちゃんが好んで登ってくれるようなお気に入りのキャットタワーを適切な場所に配置してあげましょう。ねこちゃんは風通しがよく日当たりがいい場所を好むため、窓の近くにキャットタワーを配置してあげると良いでしょう。

キャットタワーをより魅力的にするため、タワーの上におもちゃやまたたびなどねこちゃんが好きなものを置いてあげることもおすすめです。タワーを上手に活用してくれたら、言葉で褒めることも忘れずに行ってください。

家具の配置を見直す

ねこちゃんが登って欲しくない場所にいる原因のひとつに、椅子やテーブル、棚などをつたいながら最終的に高い場所へと登っていることが考えられます。部屋の家具などの配置を見直して、登っては危ない場所や、登っては困るところには、ねこちゃんが登りづらい状況を作りましょう。

防止ツールの活用

どうしても登っての欲しくない場所に登ってしまう場合は、動いているものに反応し音と光で驚かすツール「猫こニャいで」などを活用する方法もありますが、ねこちゃんが過度に臆病である場合は注意してお使いください。

 

■高いところに登って降りられなくなったときの対策は?

「降りられにゃい!」猫が高所から降りられなくなった場合の対処法と家庭での対策
出典:https://www.shutterstock.com/

家の中で高いところから降りられなくなってしまった場合は、飼い主さんが優しい声掛けとおやつなどを利用し、時間をかけて降ろしてあげることができます。しかし、屋外であれば高さがや危険度が増してしまうことが考えられます。

普段から信頼関係のある飼い主さんが助けてあげることも大切ですが、その場合はやはり経験がある方に助けをもらうことをおすすめします。保護団体、消防署、警察、動物病院などに問い合わせをしてみましょう。

 

ねこちゃんは高いところを好みますが、誤って落下し怪我などをしないよう家庭の中の環境を一度見直してみましょう。また、高齢になると足腰の弱りや関節炎の発症で、キャットタワーなどに登らなくなってくる傾向が見られます。そのようなときは、低い箇所にねこちゃんが安心できる隠れ場を作ってあげてくださいね。

 

※ 本サイトにおける獣医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、獣医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、獣医師や各専門家より適切な診断と治療を受けてください。

わんにゃ相談

【関連記事】

夏場エアコンの適温は◯度!猫が室内で快適に過ごす環境作り

 原因はひとつじゃない!猫の「嘔吐」に関する基本知識

 引越しシーズン到来!愛猫を「新しいおうち」に慣れさせるポイント

※ 猫も「お手」を覚える!? 飼い主との絆も深まる「芸の活用方法」

獣医師特集

【画像】

※ fantom_rd,Zoran Kompar Photography,New Africa,Lario / Shutterstock

FOLLOW ME

twitter   facebook

この記事に付けられているタグ

いいね 0