わんにゃの健康と病気

神秘的…だけど病気になりやすいって本当?猫の「オッドアイ」の特徴と猫の目の色について

吉本翔

獣医師
吉本翔

いいね 2

神秘的…だけど病気になりやすいって本当?猫の「オッドアイ」の特徴と猫の目の色について

突然ですが、皆さんの愛猫のお目々は何色ですか? 透き通った青色を持つ猫もいれば、神秘的な緑色を持つ猫もいると思います。猫の目の色は、青色、緑色、黄色、オレンジ色などバリエーションに富んでいます。

猫の中には、右と左で目の色が異なる子もいます。これを「オッドアイ」と呼ぶのですが、珍しいため見たことがない方が多いと思います。日本では、金眼銀眼(きんめぎんめ)とも呼ばれることもあり、縁起の良いものとされています。

今回は、猫の目の色についての基本とオッドアイについて解説します。

オッドアイとは?どのように見えているの?

神秘的…だけど病気になりやすいって本当?猫の「オッドアイ」の特徴と猫の目の色について
出典:https://www.shutterstock.com/

オッドアイは、左右で目の色が異なるものをいい、「虹彩異色症」とも呼びます。"症”と聞くと病気のように聞こえますが、虹彩異色症が問題となることは基本的に無いとされます。

オッドアイの色の組み合わせには一定のパターンがあります。猫の目の色は、青色、緑色、黄色、オレンジ色とバリエーションがありますが、オッドアイの猫は、片目が青色であることがほとんどで、もう片目が緑色、黄色もしくは銅色など青色以外の色となっています。

■猫の目の色はどのように決まるの?

目の色を決める要因は、目の虹彩に存在するメラニン色素の量に依存します。メラニン色素の量が多ければ、目の色はオレンジ色や銅色となり、逆にメラニン色素の量が少なければ緑色、メラニン色素が全くなければ青色となるようです。

実は、このメラニン色素は身体のさまざまな部分にあるため、目以外にも毛の色や皮膚の色にも関与しています。さらに、猫の目の色は、被毛の色や猫種と関連があることも知られています。たとえば、シャム猫は、一般的に青色の目を持つそうです。

 

■オッドアイを持つ猫の特徴は?

神秘的…だけど病気になりやすいって本当?猫の「オッドアイ」の特徴と猫の目の色について
出典:https://www.shutterstock.com/

オッドアイは、基本的に白猫で起こる現象であると言われています。ただし、身体の一部に白い毛がある猫においても、オッドアイが見られる可能性があるそうです。

オッドアイの頻度が多い猫種も知られていて、ターキッシュバン、ターキッシュアンゴラ、ジャパニーズボブテイルの3種は、他の猫種よりもオッドアイが頻繁に見られるそうです。

■オッドアイになるのはなぜ?

神秘的…だけど病気になりやすいって本当?猫の「オッドアイ」の特徴と猫の目の色について
出典:https://www.shutterstock.com/

基本的に、オッドアイは先天的、すなわち遺伝的な要因であると考えられています。オッドアイが起こるメカニズムですが、目の色は猫の胎仔の発生段階でメラニン色素が集まることによって、青色からその他の色へと変わります。オッドアイの猫では、何らかの原因でこのメラニン色素が片目だけ溜まらず、その目だけ元々の青色のままとなっているのです。

いわゆるオッドアイは先天的なものですが、後天的な理由で左右の目の色が異なってくることもあります。後天的にオッドアイが見られた場合、病気や怪我などが原因となっている可能性があります。成猫になってから、両目の色が左右異なった場合には、念のため獣医師さんに診てもらうようにしましょう。

 

■オッドアイを持つ猫は健康上障がいがあるの?

いくつかのネット上では、オッドアイを持つ猫は健康上の問題がある、あるいは聴覚障害が起こりやすいと言われていますが、これらは根拠に乏しい内容と筆者は考えます。オッドアイを持つ猫も、普通の猫と同じように生活できると考えてよいでしょう。

ただし、両目とも青色の目を持つ白猫の場合は、青色の目を持たない場合と比較して、聴覚障害を持っている割合が高いという報告もあるようです。オッドアイを好発するのも白猫ですので、混同しないようにしましょう。

 

■瞳が3色以上!? ダイクロイックアイとは?

神秘的…だけど病気になりやすいって本当?猫の「オッドアイ」の特徴と猫の目の色について
出典:https://www.shutterstock.com/

実はオッドアイよりもさらに珍しい猫ちゃんの目として、ダイクロイックアイというものがあります。オッドアイは、両目の色が違うものを指しましたが、ダイクロイックアイは一つの目の中にくっきりと2色に分かれているものをいいます。詳しい内容については、割愛しますが、もし気になったらネットで調べてみてくださいね!

今回は、オッドアイとは何か、猫の目の色がどのように決まるか、オッドアイの猫の病気のリスクなどについて解説しました。オッドアイを持った猫は、とても個性的ですし、何だか神秘的ですよね。オッドアイの猫ちゃんを実際に見かける可能性は低いですが、もし見かけたら本内容を少し思い出してみてくださいね!

ねこちゃんにおすすめのアイケアサプリ『わんにゃブル』はこちら♪

※ 本サイトにおける獣医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、獣医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、獣医師や各専門家より適切な診断と治療を受けてください。

わんにゃ相談

【関連記事】

※ 目に現れる白い膜の正体!猫の第三のまぶた「瞬膜」の役割と関連する病気

※実は視力が悪い?色が分からない?犬と猫の目の仕組みを獣医師が解説

※目の健康のために!猫にとらせてあげたい成分とサプリメントの選び方

放置は危険!ねこちゃんの白内障はどんな病気?

獣医師特集

【参考】

※1 Kirk N. Gelatt, Brian C. Gilger, Thomas J. Kern(2013)Veterinary Ophthalmology: Two Volume Set, 5th Edition,:Wiley-Blackwell

※2 Odd Eyes in Cats (Heterochromia)|basepaws

※3 Why Do Some Cats Have Two Different Colored Eyes?|cathealth.com

※4 Let’s Talk Cats With Different-Colored Eyes, or Heterochromia in Cats | Catster 

【画像】

※ Lizmyosotis,Inna Gritsinova,Moab Republic,Lizmyosotis,Pattana Kesarat / Shutterstock

FOLLOW ME

twitter   facebook

この記事に付けられているタグ

いいね 2