わんにゃとの暮らし

プロに学ぶ!スウェーデン式「ドッグマッサージ」で愛犬の体を整えよう

マルヤマミエコ

ライター
マルヤマミエコ

いいね 18

プロに学ぶ!スウェーデン式「ドッグマッサージ」で愛犬の体を整えよう

愛犬の健康対策のひとつとして注目されているのが、マッサージです。でも、「どこをどんな風にマッサージすればよいのか分からない」という飼い主さんは多いのではないでしょうか。

そこで、スウェーデン式のドッグマッサージスクール『ドッグワンギンザ』代表・安居院千尋さんに、家庭でもできるドッグマッサージの効果的なやり方について教えていただきました。

マッサージで得られる利点とは?

プロに学ぶ!スウェーデン式「ドッグマッサージ」で愛犬の体を整えよう
出典:わんにゃ365

安居院さんが広めているスウェーデン式ドッグマッサージは、スウェーデンで開発されたアニマルマッサージをベースに、動物理学療法の先進国であるオーストラリアの技術を取り入れ、さらに解剖学や犬特有の疾病を重視したマッサージ法です。

「今回ご紹介するスウェーデン式ドッグマッサージは、犬の筋肉疲労や健康維持のためのマッサージです。マッサージは体調管理にも効果的で、このマッサージを始めてから愛犬の体調が良くなったという飼い主さんがたくさんいらっしゃいます」(安居院さん)

では、わんちゃんにマッサージを行うと、具体的にはどんな良いことがあるのでしょうか?

マッサージの利点6つ

(1)病気予防や免疫力アップに役立つ

(2)体を触ることで体調の変化に気付きやすい

(3)犬のリラクゼーション効果がある

(4)健康促進

(5)疾患完治後のリハビリになる

(6)飼い主との信頼関係が深まる

「スウェーデン式ドッグマッサージは、筋肉を元の正しい位置に戻すことができるマッサージです。犬はシニアになると、後脚の筋力の弱まりや張りが出やすくなるなど、筋肉のトラブルが増えてくると思います。スウェーデン式ドッグマッサージは、筋肉を緩めて、可動域を広めるのにも効果的です。足腰が弱い子やシニア犬には、特におすすめです」(安居院さん)

 

■マッサージの3つの注意点

プロに学ぶ!スウェーデン式「ドッグマッサージ」で愛犬の体を整えよう
出典:わんにゃ365

愛犬にマッサージをする前に、注意して欲しいことをしっかりと頭に入れておきましょう。

(1)食事の前後1時間はマッサージをしない

(2)疾患がある場合はマッサージを行っていいか、掛かりつけの動物病院で許可を受ける

(3)体調に不安があるときは行わない

犬の具合があまり良くないときにドッグマッサージを行うと、かえって体調が悪くなってしまうことがあるので、絶対に無理はしないことです。愛犬の体調に少しでも不安があれば、掛かりつけの獣医師に相談してください。

※マッサージは、床の上にマットなどを敷いて行うようにしましょう。

 

■覚えるのは4つ!ドッグマッサージの手技を覚えよう

プロに学ぶ!スウェーデン式「ドッグマッサージ」で愛犬の体を整えよう
出典:わんにゃ365

では、実際にマッサージを行ってみましょう!

マッサージは指の腹を使い、“やさしい力”で行うのがポイントです。「エフラージ」「サークル」「フリクション」「ペトリサージ」という手法を使い、筋肉にアプローチしていきます。マッサージ中に犬が「キッ!」とした目で飼い主さんを見たら、力が強い可能性があるので、十分に気をつけましょう。

・背中:エフラージ(さする)


背骨の両脇に手を置き、上から下へ筋肉にアイロンをかけるようなイメージで、ゆっくりとマッサージします。指先は力が入りやすいので、第二関節から下に圧をかけて行いましょう。

1015回行うと、体が徐々に温まるのがわかります。背中の筋肉は体のさまざまな部位の筋肉と接しているので、お散歩前のマッサージにピッタリです。

首の周り:ペトリサージ(揉む)

犬は鎖骨がないため、首が重い頭を支えています。そのため、首が疲れている犬が多いです。特に、首の付け根は負担がかかりやすいので、首の後ろの筋膜を横に伸ばすように上からほぐしていきます。

肩甲骨まできたら、筋肉に沿うように前脚の付け根に向かってマッサージしましょう。

肩甲骨:サークル(ほぐす)

肩甲骨の上から肩の関節方向に、筋肉を伸ばすイメージでマッサージします。指の腹を使って、円を描くようにさすりましょう。

肩甲骨は前脚の動作に関係しているので、マッサージを行うことで、脚の運びがスムーズになります。

腰:フリクション(揉捏)

 

腰の周りは親指の腹を使って軽く圧をかけながら、筋肉を広げるような感じでやさしくゆっくりとマッサージします。腰は負担が掛かりやすい部位のひとつなので、凝っている箇所を揉みほぐして、筋肉を柔らかくしてあげましょう。

「犬によってマッサージへの反応は違うと思いますが、慣れていないうちは少し嫌がるかもしれません。でも、やさしくマッサージすることを心掛けて続けていくうちに、犬は徐々にマッサージを気に入ってくれるでしょう。マッサージは1週間に1回でもOKです。愛犬とのコミュニケーションのひとつとして、ドッグマッサージをぜひ取り入れてほしいと思います」(安居院さん)

 

<取材協力>

@さんプロフ画像.JPG

安居院千尋(あぐいちひろ)

ドッグワンギンザ代表。日本で唯一、動物病院でのマッサージを行うセラピストとして活動。股関節形成不全、椎間板ヘルニア、膝蓋骨脱臼などの疾患を抱えている犬たちに、獣医師や動物看護師の指導のもと、マッサージを行っている。2008年からは、台湾での講習をスタートし、高い評価を得ている。

 <基本情報>

O観.JPG

ドッグワンギンザ 

住所:東京都中央区銀座2-16-16 渡辺ビル1F

営業時間:11:001800 

定休日:毎週日曜日

公式サイト:http://www.dogcare-msg.com

みんなのわんにゃ

【関連記事】

子犬はいつからOK?「犬のシャンプー」の方法と注意点を獣医師が伝授

 100均で手に入る!犬用おもちゃ選びのコツ&効果的な遊び方をドッグトレーナーが解説

 スマホに入れておきたい!愛犬の体調管理に使えるペットケアアプリ3選

 今こそ再確認、犬猫の防災対策!避難用品リストと普段からできること

【画像】

※ わんにゃ365

FOLLOW ME

Twitter   Facebook

この記事に付けられているタグ

いいね 18