わんにゃとの暮らし

年末年始は犬や猫の誤飲に注意!気を付けたいポイントをご紹介

わんにゃ365編集部


わんにゃ365編集部

いいね 1

年末年始は犬や猫の誤飲に注意!気を付けたいポイントをご紹介

今年も残すところ3日となりました。2020年はどんな1年でしたか?新型コロナウイルス感染症の影響により生活が一変し、いつもより愛犬、愛猫と一緒に過ごす時間が長くなったのではないでしょうか?今年の年末年始はおうちで過ごす方が多いと思います。そこで今回は、年末年始をわんちゃん、ねこちゃんと楽しく過ごすために気をつけておきたいことについてお話しします。

■大掃除の時に気をつけること

大掃除の時に気をつけること

年末の大掃除中では、いつもの掃除とは違い網戸や窓を洗ったり、大きな家具を動かしたり、家族みんなで掃除をすることが多いと思います。窓を開けっぱなしにしていると、ねこちゃんが脱走してしまう恐れがあります。窓やドアを開けたまま作業をする際はねこちゃんは別室に移動しましょう。また、大きな家具を動かした時にわんちゃんや、ねこちゃんが入り込んでケガをしてしまうことも考えられます。
大掃除をする時はわんちゃんにもケージに入ってもらうなど安全対策をしっかりと行ってください。

■誤飲に気をつける

誤飲に気を付ける

年末年始はイベントがたくさんあり、来客も多くなる時です。特にこの時期は誤飲が増えるといわれています。包装紙やプレゼントのリボンやビニールなどの誤飲が多いようです。紐が大好きなねこちゃんは遊んでいるうちに誤って飲み込んでしまうこともあります。クリスマスやお正月の飾りにも気をつけましょう。

また、食事を一緒にする方にはペットに慣れていない方もいるため、わんちゃんやねこちゃんに食べ物をあげないように必ず伝えておくようにしましょう。誤飲は中毒症状を起こす危険もありとても危険です。

人が多く、賑やかな時はわんちゃんねこちゃんから目を離してしまうことが多いため、特に気をつけましょう。

■もしもの時のために確認しておこう

もしもの時のために確認しておこう

年末年始は動物病院によっては診察状況が異なるため、かかりつけの動物病院の診察時間を把握しておくことはもちろんですが「診察していない時間に何かあった際ににどうするか」も考えておく必要があります。愛犬、愛猫の具合が悪くなったときに、慌てなくてもいいように年末年始や夜間でも診察してもらえる動物病院を調べておきましょう。


家族みんなで楽しい年末年始を迎えるために危険な物は手の届かない場所に置いたり、いつもよりもわんちゃん、ねこちゃんの様子をよく見るようにしてくださいね。


「わんにゃ365」では、わんちゃん、ねこちゃんが健やかで幸せな時間を過ごせるようこれからもさまざまな情報をお届けします。2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

▼最新の健康情報一覧はこちら

【関連記事】

※ 犬って寒くないの?知っておきたい「体温メカニズム」と寒さ対策について

※ 【獣医師執筆】ゴミ箱あさりが直らない!犬が「何でも食べちゃう」いくつかのパターン

【獣医師執筆】下痢をしたら注意?病気の可能性がある「猫のうんち」3パターン

この記事に付けられているタグ

いいね 1