ライター 詳細

獣医師
菊池亜都子

東京女子大学を卒業し、一般企業の会社員や小学生向け学習塾の経営を経験した後、幼少期に抱いた獣医師になるという夢を諦めきれず、日本大学生物資源科学部獣医学科に入学し、当時飼っていた愛犬の問題行動に悩んだことから犬や猫の問題行動治療の道に進もうと決めました。獣医師免許取得後は東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程に進学し、獣医動物行動学研究室に所属して犬猫の臨床行動学を学び、実際に行動治療にも携わりました。現在は、東京大学附属動物医療センター行動診療科にて犬猫の問題行動治療を担当しながら、往診による行動治療も行っています。

もっと見る