わんにゃコラム

厳しい審査は愛情の証!犬の「里親」になるための条件とは

ライター
奥平望

いいね 9

厳しい審査は愛情の証!犬の「里親」になるための条件とは

近年ペットショップで犬猫を迎えるのではなく、動物愛護センターや保健所から引き取る飼い主さんも増えてきました。毎年、何万もの犬猫が殺処分されるという恐ろしくも悲しい現状を打破すべく、多くの人がより良い策を考えています。

しかし、保護された犬猫の里親になるにはいくつもの条件があり、譲渡審査に通らず泣く泣く里親になることを諦めたという方もいるようです。「条件が厳しすぎる」「救いたい気持ちがあるのに譲渡を断られた」ときにはそんな声も聞こえてきます。なぜ里親になるための条件は、それほどまでに厳しいのでしょうか?

■そもそも里親ってなに?

厳しい審査は愛情の証!犬の「里親」になるための条件とは
出典:NPO法人 犬の里親探し サンタの家

ペットを飼うというと、一般的にはペットショップやブリーダーから迎えることを想像しますよね。そんな中、動物愛護センターや保健所、民間の動物愛護団体などで保護された犬猫を引き取るのが“里親”です。

動物愛護センターや保健所、民間の動物愛護団体などには、何らかの事情で前の飼い主さんが飼えなくなった犬猫が保護されています。つまり、これらの施設で保護された犬猫は、一度は人間に捨てられたという悲しい過去を持っているのです。

 

■里親の条件が厳しい理由

厳しい審査は愛情の証!犬の「里親」になるための条件とは
出典:https://www.shutterstock.com/

行き場のない犬猫を引き取ろうと思っても、譲渡の条件はかなり厳しいため審査が通らず断られることもあります。「里親を申し出たのに断られるなんて……」「せっかく出向いたのに」このように不快な思いをした方もいるかもしれません。

里親の条件が厳しい理由。それは、もう二度と犬猫に悲しい思いをさせないため。そして、さらなる悲劇を生まないためなのです。

犬猫は一度飼い主に捨てられても、それでも人間を信じようとしてくれます。それなのに、また人間に裏切られるようなことがあったとしたら……。いいえ、そんなことは絶対にあってはならないのです。だから里親の譲渡条件は厳しく、この方になら安心して預けられると判断された方のみが里親になれるというわけです。

もちろん、里親を断られたとしても、それは犬猫と暮らすのに不向きだということではありません。ただ、保護された犬猫は体や心に傷を負っていることが多く、ペットショップやブリーダーから迎えた犬猫と比べると飼育が難しい子もいます。そのため、犬猫と過ごす時間を十分に取れる、治療費や検査費用の支払い能力があるなどの条件が課せられるのです。

それでは、里親の条件についてみていきましょう。

 

■里親の条件について

厳しい審査は愛情の証!犬の「里親」になるための条件とは
出典:https://www.shutterstock.com/

里親の条件は、施設によって異なります。そのため、一概にこの条件を満たしていなければならないとはいえませんが、譲渡条件として基本といわれているものをまとめました。里親希望の方は、以下を参考にしてみてくださいね。

・犬の狂犬病予防や混合ワクチン、フィラリアの予防などの健康管理を行うこと

・猫の3種混合ワクチン、白血病予防ワクチンなどの健康管理を行うこと

・完全室内飼いできること

・不妊手術を行うこと

・同居する家族全員の同意を得ていること

・ペット可住居に住んでいること(ペット飼育許可書の提出を求められます)

・お子さまがいる家庭は要相談​

・犬猫の留守番を極力少なくできること​

・一人暮らしNG​

・ご高齢の方NG

・同棲中のカップルNG

・未成年NG

・トライアル期間(犬猫の譲渡を決定する前に数日~数週間預かること)がある場合は、スタッフが自宅に上がるのを許可できること

・先住の犬猫は避妊・去勢されていること

・生涯、責任と愛情を持って育てること

 

■里親募集の探し方

厳しい審査は愛情の証!犬の「里親」になるための条件とは
出典:https://www.shutterstock.com/

犬猫の里親になるためには、まず里親募集をしている団体を探さなければなりません。里親募集をしている団体を大きく2つに分けてご紹介します。

(1)保健所や動物愛護センターなど行政による施設

現在は、動物愛護センターが保健所の動物愛護関連業務を引き継いでいる場合が多いようです。これらの施設では定期的に譲渡会が開催されているので、HPをチェックするか電話で問い合わせてみましょう。

(2)NPOなどの民間団体

民間団体には、大きく分けて2種類あります。1つめは、行き場のない犬猫を一時的に保護する保護シェルターです。2つめは、保護した犬猫をスタッフが手分けしてお世話しているところです。それぞれ団体ごとに譲渡会を開催しているので、HPをチェックするか電話で問い合わせるとよいでしょう。

 

■人を信じてくれる犬猫のために

厳しい審査は愛情の証!犬の「里親」になるための条件とは
出典:https://www.shutterstock.com/

一度は捨てられた悲しい過去を持つ犬猫たち。里親の厳しい条件には、もう二度と悲しい思いをさせないために、温かな幸せを手にすることができるようにとの願いが込められているのです。

今度こそ、やさしく温かい人の手に包まれますように。怖い夢にうなされることがありませんように。大切な友人である犬猫の幸せを願っています。

【関連記事】

※ 11月1日は犬の日!「ナショナル・ドッグ・デー」に学ぶ、愛犬との絆の深め方

※ サポートならお任せあれ!手足が不自由な人たちの手助けをする「介助犬」とは

※ 犬と人はいつから仲良しなの?歴史から学ぶ「愛犬との絆」をもっと深める秘訣

【参考】

NPO法人ペット里親会 譲渡の条件

NPO法人犬と猫のためのライフボート 犬の里親さんになっていただく方の条件(詳細)

【画像】

※ NPO法人 犬の里親探し サンタの家

※ InBetweentheBlinks, orangecrush, kuban_girl, Nitikorn Poonsiri, Ditty_about_summer / Shutterstock

この記事に付けられているタグ

いいね 9