わんにゃコラム

飼ってない人も癒される! 一度は読んでおきたい「わんにゃマンガ」5選

ライター
奥平望

いいね 6

飼ってない人も癒される! 一度は読んでおきたい「わんにゃマンガ」5選

「犬も猫も好きなのに、飼えない……」それなら、わんにゃが登場するマンガで癒されましょう! そこで今回は、筆者が厳選したおすすめ“わんにゃマンガ”をご紹介します。まだ読んだことがない方はもちろん、すでに読んだことがある方も、もう一度読みたくなること間違いなしですよ!

■1:夏目友人帳

飼ってない人も癒される! 一度は読んでおきたい「わんにゃマンガ」5選
出典:白泉社

著者・緑川ゆき先生の『夏目友人帳』は、現在23巻まで刊行されており、なんとアニメ化10周年を迎えた大人気漫画です(201812月現在)。2018929日には『劇場版夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』も公開されました。

主人公の夏目貴志は、小さいころから妖(あやかし)を見ることができました。人とは違う能力を持つがゆえに周囲に気味悪がられ、親戚の家をたらい回しにされていました。高校生になった夏目は、周囲に自分の能力を勘づかれないように過ごすことで、ようやく平穏な日々を手に入れます。

しかし、招き猫のような姿をした妖“ニャンコ先生”との出会いによって、祖母レイコの遺産“友人帳”を受け継ぐことに。そこには夏目と同じく妖を見ることができ、周囲から孤立していたレイコが、勝負で負かした妖たちから奪った名前が綴られていました。

筆者は、夏目友人帳を読むと涙が止まらなくなるので、できるだけ予定のない日に読むようにしています。祖母レイコさんの寂しさや、人間の美しくも儚い姿を、とびきり大きかったり小さったり、かわいかったりこわもてだったりする心やさしい妖たちが教えてくれるのです。言葉ひとつひとつが心に染み渡り、誰かにやさしくしたいと思わせてくれる素敵なマンガです。

■2:動物のお医者さん

飼ってない人も癒される! 一度は読んでおきたい「わんにゃマンガ」5選
出典:白泉社

著者・佐々木倫子先生の『動物のお医者さん』は、花とゆめで連載されていたマンガで、コミックス全12巻です(2018年12月現在)。吉沢悠さん主演で、テレビドラマ化されたことでも有名ですよね。

H大学獣医学部の大学生である主人公・西根公輝は、漆原教授から「キミは将来、獣医になる!」と宣言され、ハスキーの子犬・チョビの飼い主になることに。ユニークな獣医学部の仲間や、かわいくも面白い動物たちに思わずクスリとしてしまいます。

動物のお医者さんは少女マンガに分類されますが、男性でも楽しめる作品です。筆者が好きなのは、学生から「破壊の神様みたいな人」と言われているトラブルメーカーの漆原教授! テレビドラマでは江守徹さんが演じていました。こんなに面白くて頼れる教授の講座なら、ぜひ受けてみたいです!

■3:ある日 犬の国から手紙がきて

飼ってない人も癒される! 一度は読んでおきたい「わんにゃマンガ」5選
出典:小学館

著者・竜山さゆり先生の『ある日 犬の国から手紙がきて』は、少女漫画誌『ちゃお』で連載されているマンガです。竜山さゆり先生といえば、わんにゃが登場する『ぷくぷく天然かいらんばん』も有名ですよね。

人間と犬がともに生きるうえで、避けて通れないのが別れの時。本作は、亡くなって“犬の国”に行ってしまった愛犬から送られる、1通の手紙の物語。

やさしくて、温かくて、まっすぐな瞳と心を持つ犬。ときにはケンカもするけれど、世界で一番かわいい愛犬。愛犬との別れを覚悟し、乗り越えるのは容易いことではないでしょう。もしも、あなたが前を向くことを忘れてしまっているのなら、ぜひこのマンガを手にとってみてください。これはマンガの世界のおはなしだと、切り捨てることはできないはずだから……。

■4:犬がとなりにいるだけで

飼ってない人も癒される! 一度は読んでおきたい「わんにゃマンガ」5選
出典:実業之日本社

著者・北川なつ先生の『犬がとなりにいるだけで』は、実話をもとにしたセラピードッグの物語です。やさしいタッチで描かれるセラピードッグや、柔らかい言葉の数々に読み進めるうちに癒され、涙が溢れてきます。

老人ホームに逃げ込んできた“ボタモチ”は、臆病でなかなか言うことを聞かない犬。そんなボタモチがそばにいるだけで、不思議とみんなが笑顔になり、生きる勇気を取り戻したのです。

たった一匹の犬が、人を笑顔にしてくれる。たった一匹の犬が、人の涙をぬぐってくれる。たった一匹の犬が、人生を変えることがある。そう、となりにいるだけで。

人のからだと心を癒し、前向きな気持ちを届けてくれるセラピードッグ。近年、アニマルセラピーの一種であるドッグセラピーが注目されています。このマンガを通じて、セラピードッグの活動をのぞいてみませんか?

■5:僕とシッポと神楽坂

飼ってない人も癒される! 一度は読んでおきたい「わんにゃマンガ」5選
出典:(C)たらさわみち/集英社クリエイティブ

著者・たらさわみち先生の『僕とシッポと神楽坂』は全12巻で、続編にあたる『しっぽ街のコオ先生』が2017年より連載中です。201810月には、相葉雅紀さん主演でテレビドラマ化されたことでも有名ですよね。

主人公の高円寺達也は、獣医学部を卒業後、動物病院の勤務医として働いていました。しかし、故郷の神楽坂で古くから愛されていた動物病院の徳丸先生が引退することになり、病院を引き継ぐことになったのです。高円寺は“坂の上動物病院”と名付けて診察を始めます。

最初は若造獣医師を信用する人はおらず、途方に暮れていた高円寺。しかし、次第に“コオ先生”と呼ばれるようになり、腕を認められるように。患畜を“シッポ”と呼ぶコオ先生は、様々な問題を乗り越えていくのです。

ペットと暮らす飼い主さんなら、一度は獣医さんに憧れたり、仕事内容に興味を持ったりしたことがあるのではないでしょうか? マンガを読み進めていくと、新米コオ先生と一緒に自身も成長しているような気持ちになれるかもしれません。

いかがですか?

犬好きさんも、猫好きさんも癒されること間違いなしのわんにゃマンガ。子どもから大人まで楽しめること間違いなしです。ネットで試し読みできる作品もあるので、ぜひ検索してみてくださいね!

wannyasoudan2.jpg

【関連記事】

※ これだけはやっちゃダメ!昔の常識は通用しない「犬の間違った飼い方」3つ

※ 鼻がカサカサ…そのままで大丈夫?「犬の鼻が乾燥する原因」を解説

※ あなたの愛犬は大丈夫?意外と多い「わんちゃんの椎間板ヘルニア」

※ 犬の男の子と女の子はどう違う?性格やかかりやすい病気を獣医師が解説

【参考】

白泉社

小学館

実業之日本社

集英社クリエイティブ

【画像】

※ 白泉社

※ 小学館

※ 実業之日本社

※ (C)たらさわみち/集英社クリエイティブ

※ Africa Studio / Shutterstock

この記事に付けられているタグ

いいね 6