わんにゃの健康と病気

11月8日は「いい歯の日」!愛犬の歯磨きできていますか?

わんにゃ365編集部


わんにゃ365編集部

いいね 3

11月8日は「いい歯の日」!愛犬の歯磨きできていますか?

今日、11月8日は「いい歯の日」です。「いつまでも美味しく、そして、楽しく食事をとるために、口の中の健康を保っていただきたい」という願いを込めて、日本歯科医師会が1993年より11月8日を「い(1)い(1)歯(8)」の語呂合わせでさまざまな歯科保健啓発活動が行われています。私たちだけでなく、わんちゃんやねこちゃんも歯はとても大切です。

歯磨きやお口のケアを怠っていると、歯周病や口腔内の病気になってしまいます。また、全身へ影響を与える可能性もあるため、お口のトラブルで気になることがある時はかかりつけの病院で診てもらうようにしてくださいね。

■わんちゃんに多い生活習慣病

わんちゃんの生活習慣病

歯周病はわんちゃんに一番多く見られる生活習慣病で、じつは、3歳以上のわんちゃんの8割は歯周病、歯周病予備軍といわれています。 お口のトラブルは放置していると全身に影響することもあるため、毎日のケアが必要です。

しかし、毎日歯磨きをしていても奥歯は難しく、また歯みがきを嫌がるわんちゃんも多いため悩んでいる飼い主さまも多いですね。そんな時は、歯磨きガムがおすすめです。

わんにゃ365でおすすめしている『丹波なた豆茶 無添加ガム』は、添加物は一切使用しておらず(着色料、保存料、酸化防止剤、発色剤不使用)、安心な国産牛皮のみを使用しています。噛むことで牛皮の繊維が歯の汚れを掻き落とし、歯垢の蓄積を防ぎます!安心素材の無添加ガムが毎日のケアをお手伝いします!

▼『丹波なた豆茶 無添加ガム』はこちら

■歯周病の原因と対策方法

0526_2.jpg

歯周病の原因は歯垢中にいる細菌なので、歯垢を付着させないことが最大の予防法です。おうちでの予防方法としては、毎日の歯磨きです。歯磨きが難しい場合は、歯石付着予防効果のあるドライフードや、歯石除去効果のあるガム、ペット専用の歯磨き剤などもあるのでその子に合った方法を選択しましょう。

■丹波なた豆茶無添加ガムは安心・安全

丹波なた豆茶無添加ガムは安心・安全

愛犬の口臭ケアなどで注目されている「なた豆」を使用した「丹波なた豆茶」を、もっとおいしく手軽にとれる様にならないかと開発されたのが『丹波なた豆茶無添加ガム』です。わんちゃんの食いつきが良く、歯磨きが苦手なわんちゃんでも大丈夫!お口ケアは続けることが大切だからこそ、喜んで噛み噛みしてくれる『丹波なた豆茶無添加ガム』は毎日のケアにおすすめです。

・ 添加物は一切使用していません。着色料、保存料、酸化防止剤、発色剤不使用)
・ 安心な国産牛皮のみを使用しています。
・ 噛むことで牛皮の繊維が歯の汚れを掻き落とし、歯垢の蓄積を防ぎます。



いかがでしたか。今日の「いい歯の日」をきっかけに愛犬が健康に過ごすための「歯」について考えてみてください。私たち人と同じように、いくつになっても自分の歯で食事が楽しめるように、お家でできる毎日のケアを続けてくださいね。


 ▼最新の健康情報一覧はこちら

【関連記事】

※愛犬の健康寿命をのばすために気を付けること

※犬の体に必要な水分量と、犬が水を飲まない理由

※犬の寒さ対策!秋から冬にかけて気をつけること

この記事に付けられているタグ

いいね 3