わんにゃとの暮らし

どんなことに気をつければいいの?獣医師から見た「かかりつけ医」の選び方

黒須星翔

獣医師
黒須星翔

いいね 1

どんなことに気をつければいいの?獣医師から見た「かかりつけ医」の選び方

みなさんは、ご自身の“かかりつけ医”を持っていますか? かかりつけ医とは、病気になったとき真っ先に相談できるお医者さんです。そんな緊急事態に備え、予防も含めて普段から、気軽に何でも相談できる関係を築くことが大切だと言われています。

それでは、ペットの場合はどうでしょうか? やはり、人と同様にかかりつけ医は大事です。そこで今回は、かかりつけ医に注目してみたいと思います。

■なぜかかりつけ医が必要?

なにを気をつければいいの?獣医師から見た「かかりつけ医」の選び方
出典:https://www.shutterstock.com/

飼っているペットの体の調子がおかしいなと思ったとき、相談できる獣医さんを見つけておくことはとても大切です。もしかしたら、それは予想もしていない大きな病気かも知れません。

そんなとき、あなたの相談に乗ってくれる専門家となるのがかかりつけ医となります。病気のたびに別々の病院に通っていると、通院のたびに同じ検査を繰り返したりすることになります。

あなたのペットの様子がいつもとちょっと違うなと気づきを与えてくれたり、適切な診断と適切な専門病院を紹介してくれたりします。かかりつけ医がいることが、ペットの健やかな毎日を過ごすために、非常に心強い存在となるはずです。

■人における「かかりつけ医」の5つのポイント(※1)

なにを気をつければいいの?獣医師から見た「かかりつけ医」の選び方
出典:https://www.shutterstock.com/

東京都医師会が“かかりつけ医の5つのポイント”をHPで紹介しています。

(1)近くにいる

身近で気軽な相談がいつでもできるためには、まず、“近い”ことが重要と考えられます。

(2)どんな病気でも診る

病気かなと思ったときに、まず、どんな病気でも真っ先に相談できるお医者さんがいれば、状況に適した医療がスムーズに受けられます。

(3)いつでも診る

病気は24時間365日、いつでもどこでも発生します。かかりつけ医を基点に、地域医療機関との連携により、「いつでも、どこでも、誰でも適切な医療を受ける」ことが可能となります。

(4)病状を説明する

かかりつけ医は、患者の疑問に率直に丁寧に答え、納得のいく治療方針を検討してくれます。また、患者の生活を支援するために、地域の医療・保健・福祉機関へのコーディネーターの役割も担ってくれます。

(5)必要なときにふさわしい医師を紹介する

かかりつけ医は、高度の診療機能を持つ専門病院との連携で、それぞれの機能を分担。病状に応じてふさわしい医療機関、医師を紹介してくれます。

■一般診療獣医師と専門獣医師

なにを気をつければいいの?獣医師から見た「かかりつけ医」の選び方
出典:https://www.shutterstock.com/

現在の小動物獣医領域を見てみると、獣医師は大きく“一般診療獣医師”と“専門獣医師”に分かれます。今から約30年前は、ほとんどの民間動物病院はどんな病気でも診察していました。すなわち、民間動物病院の先生のほとんどは一般診療獣医師でした。

しかし、獣医学が高度化するにつれて、専門獣医師が徐々に増加してきました。医学と同じですね。外科専門、眼科専門、皮膚科専門、腫瘍専門などです。

また、動物種によっても専門獣医師ができてきたことです。エキゾチック専門、鳥専門、最近では猫専門の獣医師が増加してきました。

■かかりつけ医に対する獣医師のコメント!

なにを気をつければいいの?獣医師から見た「かかりつけ医」の選び方
出典:https://www.shutterstock.com/

筆者の知り合いの獣医師数人に、小動物獣医療におけるかかりつけ医についての意見を聞きました。下記にそのコメントを列挙しました。

・現在の獣医学はチームで診療する時代になっているので、一般開業獣医師が窓口となって専門獣医師と連携しながら診療をおこなっていく。かかりつけ医とはこの一般開業獣医師。

・かかりつけ医とは身近に存在する獣医師。

・自分が不得意な分野(例えば眼科など)に関して、専門獣医師を紹介することがかかりつけ医。

・小動物獣医領域では、かかりつけ医という定義があいまいなため、すべての動物病院(大学付属動物病院も含む)の獣医師がかかりつけ医になる。

このように、獣医師にかかりつけ医についての意見を聞いてみると、人のかかりつけ医と似ていることが分かりますね。

■あなたのかかりつけ医はどんな人?

獣医師は動物の病気を治します。しかし、動物は単独で動物病院に来院するわけではありません。必ず飼い主さんと一緒に来ます。

したがって、獣医療におけるかかりつけ医は、動物と獣医師との相性とともに、飼い主さんと獣医師との相性も大事になります。医学でいうところの小児科医に似てますね。

なにを気をつければいいの?獣医師から見た「かかりつけ医」の選び方
出典:わんにゃ365

これまで書いてきたように、かかりつけ医というのは幅広い知識と専門医との人脈、そして最も大事なのはあなたのペットを親身になって考えてくれる先生です。あなたのペットのかかりつけ医はどのような人ですか? よいかかりつけ医に巡り合えることを祈っています。

みんなのわんにゃ

【関連記事】

 わんにゃの病気やケガに備えよう!「ペット保険」の基礎知識について

※ 若さを保つために!高齢犬の「こころ」と「からだ」を刺激しよう

※ 100均商品で簡単DIY!犬猫「あったかハウス」の作り方

 飼い主さんとの楽しい思い出が重要!犬の「記憶力」についてわかってきたこと

獣医師特集

【参考】

※1 かかりつけ医とは | 公益社団法人 東京都医師会

【画像】

※ all_about_people, Africa Studio, Valerie Nik, S_L, kurhan / Shutterstock

FOLLOW ME

twitter   facebook

この記事に付けられているタグ

いいね 1